【チューリップ賞2016予想】ジュエラー等有力馬最終追い切り考察

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日はチューリップ賞2016のジュエラー等有力馬

最終追い切り考察と予想をしたいと思います。

チューリップ賞

うーん、チューリップ賞は馬券的になかなか

面白いレースになるのでは?と勘ぐっております。

まー、その根拠はいろいろとあるんですが、

3月度スタートダッシュを決めたいですね!

ではチューリップ賞の有力馬の追い切り考察

したいと思います。

まずは現時点の予想オッズを。

1 ジュエラー 2.3
2 レッドアヴァンセ 4.0
3 シンハライト 4.4
4 ウインファビラス 7.6
5 ブランボヌール 11.6
6 デンコウアンジュ 19.1

ここまでが20倍を切るオッズ予想となっております。

当日もおそらくこれに近いとおもいますが、

3〜6位までは上下ありそうですね。

1〜2倍くらいは変動要素がありそう。

今日は上位4頭+オススメ馬の計5頭の考察を

したいと思います。

ジュエラー 評価:A

3/2 栗東ポリトラック 馬場:良 状態:一杯

63.6 49.2 36.0 11.2 馬場6分目

前走と同様、最終はPコースでの追い切り。

前走後に短期放牧し、そこでも十分調整した上で

最後は厩舎できっちり仕上げという感じか。

前走牡馬相手に切れ味を炸裂させているだけに、

この状態であれば、好走は十分可能かなと

思っています。

あとは京都コースだけなので、坂がある

阪神でどこまで脚を使えるかですが、

走りと馬体を見る限りは問題ないのかなと

思っています。

レッドアヴァンセ 評価:A

3/2 栗東坂路コース 馬場:重 状態:馬なり

55.3 40.6 26.2 12.6

1週前に強く追いきっており、最終は軽めの調教。

2戦目の未勝利が非常に強い勝ち方をしており、

そこから徐々に力の積み上げができているし、

なんせ兄弟が強い馬ばかりですから、

ここでも中心になりますよね。

在厩での調整が続いているが、調子自体は

良さそうです。

シンハライト 評価:A

3/2 栗東坂路コース 馬場:重 状態:末強目

52.9 38.4 24.8 12.4

前走の追い切りから時計を短縮してきており、

状態、上積みともに十分。

休養明けの前走後にノーザンファームしがらき

放牧されており、牧場でもきっちり仕上げて

きていると思います。

あとは枠順次第で判断したいところですが、

距離延長しても問題なさそうだし、

上位陣は混戦とみているので、ここでも通用すると

思っています。それにしてもこちらも良血ですね。

ウインファビラス 評価:B

3/2 美浦南Wコース 馬場:良 状態:馬なり

67.0 52.2 38.0 12.9 馬場4分目

前走はPコース追い切りでしたが、今回はWコース

追い切りで馬場の真ん中を通っての時計。

状態としては普通といった感じですが、おそらく

牧場できっちり仕上げていそうですね。

ちなみに前走はビッグレッドファーム鉾田からの

入厩でしたが、今回はコスモヴューファームから

入厩となっておりますが、コスモからの入厩だと

この厩舎、この馬主の複勝率は3割近くとけっこうな

確率になっているんですよね。

枠順次第では展開も向きそうだし、頭固定は

どうかと思うが面白い存在となりそう。

【E. 人気ブログランキングへ評価:A

3/2 栗東坂路コース 馬場:重 状態:馬なり

53.7 39.0 25.2 12.4

1週前はCWコースで一杯で追い切りで良い時計。

最終は軽めですが、重馬場の坂路でよい時計を

だしており、状態は非常に良さそう

距離短縮ですが、状態としては整っていそうです。

あとはこの馬、前走後に栗東の厩舎ですが、

ノーザンファーム天栄に放牧されており、

陣営の本気度を感じますね。こちらも全姉は

いわずとしれたG1馬の良血ですし、桜花賞

出走を考えれば、ここは期待できそうです。

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■弥生賞(G2)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

弥生賞は若き3歳牡馬の皐月賞トライアルであり、今年京都記念を勝ったサトノクラウンや、ダービー馬ワンアンドオンリー。他にもトゥザワールド、サダムパテック、ヴィクトワールピサ、エイシンアポロン、ロジユニヴァースなど多数のGI級ホースが誕生した出世レースだ。

今年も将来性豊かな若駒がスタンバイ。すでに賞金を獲得し、余裕のあるローテーションでクラシックへ進めるリオンディーズエアスピネルの、朝日杯1、2着馬がここから始動する。ただ共に目標は皐月賞になるため、完璧な仕上げで挑む事は考えにくく隙は十分ある。近年もタガノエスプレッソ(10番人気)、カミノタサハラ(6番人気)、ミヤジタイガ (10番人気)、コスモオオゾラ(9番人気)、プレイ (7番人気)が馬券圏内に来ているように、伏兵馬の台頭に注意を払う必要がありそうだ。

伏兵馬の中には「まずここで結果を出さないとクラシックへ迎えないから、当然勝負仕上げで挑みますよ」や「上位人気馬とも差のない競馬をしている。デキの差や展開の紛れがあれば十分一発がありますよ」といった情報も入っており、一筋縄では納まらなさそうだ。

昨年も◎ブライトエンブレム○サトノクラウンで、馬連3380円の的中をお届けしたように、我々『競馬セブン』にとって陣営の思惑が影響するトライアル重賞は絶好の儲け所。今回は無料登録をして頂いた方には、『弥生賞の極秘3点情報』を特別に公開することが決定した。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日14:00頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■弥生賞(G2)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

七騎の会:弥生賞300_250

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング