【京王杯スプリングカップ2019】最終予想|抜群の末脚を持つあの馬を本命に!

   
老舗の競馬予想会社

今回は京王杯スプリングカップ2019の最終予想をします!

久しぶりの1400m戦となるタワーオブロンドンが期待を集めていますが、そこまで抜けた存在ではないと考えています。他にもG1で通用するレベルの馬も参戦していますし、荒れる可能性も大でしょう。それでは予想していきます!

京王杯スプリングカップ2019
最終予想

こんにちは!SKB競馬予想副管理人のかーるです。

今週はヴィクトリアマイルと京王杯スプリングカップを予想していきますが、まずはこちらの京王杯SCですね。

マイル路線を走っていたタワーオブロンドンが1400mに出走するとのことで人気を集めそうです。たしかにこの馬は短距離が向きそう。

しかしどうもタワーオブロンドンは早熟な気がするんですよね。NHKマイルカップ後の2戦は期待に応えられていませんし、走りを見てもちょっと物足りない。

短距離適性は高そうなのでその点はプラスでしょうが、そもそもそこまで強い馬なのか?その点が疑問です。

そこで、今回はタワーオブロンドンを重視しない馬券で勝負したいと思います!それでは印を入れていきます!

昨年も関西馬の上位独占でズバリ!【ヴィクトリアマイル】3連単買目・無料

京王杯スプリングカップ2019
最終予想・印

◎ 16番 スマートオーディン

○ 12番 ロードクエスト

▲ 03番 サトノアレス

☆ 05番 ストーミーシー

△ 07番 リナーテ

△ 09番 タワーオブロンドン

印は6頭。ロジクライやトゥザクラウンなども入れようかと思いましたが、よくよく考えると買いたいほどではないなと。なので消します。

展開予想

04番トゥザクラウンが飛ばして逃げると思いますし、06番ロジクライもそれについていくでしょう。トゥザクラウンにとっては重賞初挑戦ですから、小細工なしでいつもの競馬をしてくると思います。つまりハイペース濃厚ですね。となると後方一気も決まりそう。位置取りの良さは全く問われない形のレースになると思います。追込みと言ってもキレ勝負のタイプよりは、しぶとく伸びるタイプが台頭してくるでしょう。マイルタイプよりはまさに1400mタイプが活躍すると思います。

展開を踏まえて・・・

本命◎は16番スマートオーディン

前走はまさに1400m戦らしい流れで、スタートからゴールまでスピードの持続力を求められるレースでした。その中で後方大外一気で差し切り勝利。しかも上りは断トツ最速。ポテンシャルが他の馬とは違うのでしょう。じっくりと構える競馬で結果が出ましたし、今回も同じような競馬をしてくると思います。外枠スタートなのごちゃつくことなく追い出せそうですし、東京の長い直線なら前走以上の走りを見せてくるでしょう。追い切りの動きも良く、素直に信頼したいと思います。

対抗○は12番ロードクエスト

東京新聞杯4着、阪急杯4着、ダービー卿CT6着ともう少しの競馬が続いています。しかし逆に言えば何かきっかけがあれば重賞で馬券に絡めるということ。今回の追い切りの動きは素晴らしいですし、状態面の上昇がありそうです。掲示板止まりではなく、馬券に絡む確率は高いと考えました。先週G1制覇したデムーロ騎手騎乗ですし、外枠スタートですからスムーズな競馬が出来るでしょう。中団辺りから伸びてくると思います。

単穴▲は03番サトノアレス

素直に考えるとこの馬が最上位だと思います。東京新聞杯でも3着ながらかなり強い競馬をしていました。やはり重賞では力が上な感じがしますね。追い切りの動きも引き続き良いですし、後方から確実に追い込んでくると思います。

星☆は05番ストーミーシー

東京新聞杯6着、六甲S6着、マイラーズC5着。まさに後方から末脚伸ばすけれど届かない馬です。しかしよくよく考えると東京新聞杯ではタワーオブロンドンやロードクエストと着差なし、マイラーズCでは名だたる馬をおさえて上り最速と相当良い競馬をしていますよ。この馬もきっかけさえあれば馬券に絡める馬だと思います。そして今回は追い切りの動きが良い。コメントにも状態の良さと結果が直結するタイプと書かれていましたからね。何か起こしそうな馬だと思います。人気は全くしないでしょう。

連下△は07番リナーテ、09番タワーオブロンドンの2頭。

リナーテは1600万戦の時と重賞の時の馬体が明らかに違う。成長が著しいのでしょうね。こういう馬はおさえておくべきでしょう。

タワーオブロンドンは重視はしませんでしたが、やはり短距離適性がありそうですからね。おさえておきます。

京王杯スプリングカップ2019
最終予想・買い目

〈馬連〉

◎○▲☆ box

6点

〈三連複〉

◎○ – ◎○▲☆ – ◎○▲☆△△

14点

〈三連単〉

◎○ – ◎○ – ▲☆

4点

本命馬が極端な競馬をするタイプなので、対抗からの馬券も加えておきます。

■■【ヴィクトリアマイル】■■■■■■■■■■■■■■■■■

ヴィクトリアMの結論!馬主×廐舎×騎手のスゴ裏情報を無料公開

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【ヴィクトリアM】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ

 

 


口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】KEIBA会議
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.raceweb.jp/
【おすすめポイント】
当たらない競馬情報に一人で頭を抱えるのはもう終わり!
「KEIBA会議」はユーザー同士の交流をテーマにした全く新しい競馬情報サイトです。今なら新規会員登録でポイント10000円分プレゼント!

KEIBA会議がが支持される理由とは?


①ハイレベルな情報を提供し続けるサイトであること
②情報の透明度が高い状態をキープすること
③会員様一人一人にまで行き届くサポート体制を取ること
これら3つの柱を元に、KEIBA会議は、今までもそしてこれからも、信頼を勝ち取り続けまっした。

透明度の高い情報と真っ向から向き合い唯一無二のチャンスを掴み取りましょう!

 

【第1位】THE・万馬券
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.baz-horse.com/
【おすすめポイント】
『THE・万馬券』は「勉強不要!才能不要!スキル不要!」競馬初心者でも簡単に万馬券をゲット!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

THE・万馬券が支持される理由とは?


①1レース当たりの予算平均5000円!
②100名在籍の多岐に渡る情報網がスゴイ!
③コンサルタントによる万馬券獲得1on1サポート!
④無料コンテンツも充実!

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

 

この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください