【中日新聞杯2018予想|人気馬分析】勝つのは昨年の覇者か?期待の3歳馬か?

老舗の競馬予想会社

今回は中日新聞杯2018の人気馬分析予想をします。

昨年の覇者メートルダールや期待される3歳馬のギベオン、グレイルなどが登録しています。中京芝2000mというコース、中日新聞杯というレースで強い走りを見せるのはどの馬なのか?今回は人気馬たちの過去の走りを見て、分析していきます。

中日新聞杯2018予想
人気馬分析

こんにちは!SKB競馬予想副管理人のかーるです。

今回は土曜に行われる中日新聞杯の人気馬分析予想をします。

今年の中日新聞杯には2頭の期待される3歳馬が参戦しています。

まずはNHKマイルC2着馬のギベオン。前走セントライト記念では大敗しましたが、力はありますからね。注目の一頭でしょう。

2頭目はセントライト記念3着馬のグレイル。前走菊花賞は大敗しましたが、末脚はありますからね。こちらも注目の一頭です。

とは言ってもどちらも前走大敗馬ですから、隙はあるでしょう。昨年の覇者であるメートルダールなども参戦していますし、古馬も負けないで頑張って欲しいですね。

さてそれでは、ギベオンからドレッドノータスまでの想定オッズ上位5頭を分析していきます。過去の走りや適性を考えていきましょう。

・ギベオン

毎日杯2着、NHKマイルC2着と3歳中距離でいい走りを見せているギベオン。前走のセントライト記念では最後の直線で全く伸びませんでした。特に騎乗の問題があったわけではなく、おそらく2200mはスタミナが持たないのでしょう。今回も2000mとそれなりの距離がありますから、その点は不安ですね。中京コースは結構タフな作りになっていますし、最後伸びてこれるか微妙なところでしょう。ペース次第でしょうか。NHKマイルCもM.デムーロ騎手が完璧に騎乗しての結果だと思いますし、勝ち馬ケイアイノーテックとは力の差を感じました。1番人気ならばあまり重視はしたくないですね。3歳馬ながら56キロを背負うのもどうかなと思います。成長がなければ厳しいでしょう。

・グレイル

後方から競馬をする馬なので二桁着順に負けることも多いですね。セントライト記念は3着でしたが、これは岩田康誠騎手が最内を突く競馬をしての結果。力で3着に入ってきたわけではないと思います。前走の菊花賞はペースが緩すぎて後方にいたこの馬の出番がありませんでしたが、それにしても最後伸びませんでしたね。長距離が向くと思っていましたが、そうでもないようです。そう考えると今回の2000mという距離はちょうど良さそうですね。能力的に怪しい所だと思いますが、成長してくればチャンスはあるかもしれません。

・メートルダール

昨年の中日新聞杯勝ち馬のメートルダール。あの時の勝ち方は非常に良く、今後活躍しているだろうと思っていました。しかし次走の金鯱賞、その次の大阪杯となかなか思うような走りが出来ていませんでした。中日新聞杯の時と比べると全くこの馬の走りが出来ていませんね。相当状態が悪かったのでしょう。ただ前走の新潟記念は3歳馬ブラストワンピースに次ぐ2着に好走。走りもすっかり元に戻っていましたし、馬体重を大きく増やしていたのもプラス材料でしょう。今回は中13週での参戦ですが、この馬はこれぐらい間隔が空いていた方が良いと思います。昨年のような素晴らしい走りを期待します。

・マイスタイル

前走の福島記念の時は対抗に指定しましたが、しっかりと2着に入りました。この馬は4コーナーの直線の短いコースが向いていると思います。福島2000mや函館2000mなどですね。なので中京2000mになると大きくパフォーマンスを落とすと考えています。前走の福島記念はある程度仕上げて、さらに展開が向いての2着だと思いますし、能力的に上位と言うわけではないでしょう。基本的に今回は厳しいと考えています。上手くペースを刻んで逃げれば、3着以内あるかもしれませんが・・・確率は高くないと思います。

・ドレッドノータス

前走のアンドロメダSは前目に付ける競馬で完勝。スムーズに騎乗されての結果だとは思いますが、それにしても最後の直線での伸びが素晴らしかった。中京芝2000m適性は未知数ですが、コースさえこなせればチャンスはあるかもしれません。56キロという斤量は少し重いなと思いますが、上手く流れに乗れれば好走可能でしょう。最終予想までにどうするか判断したいです。

まとめ

人気想定の馬5頭を見ていきましたが、現時点で最も重視したいと思うのはこの馬です↓

この馬 → メートルダール

前走の走りはかなり良かったですし、今回のメンバーの中なら力が上でしょう。ローテーション的にも好感が持てます。チャンス大ですね。

★阪神JF★ジャパンCも43万円獲得。馬主関係者の1点が無料

━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ジャパンCも43万9900円獲得!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

 【阪神JF・GI】
   馬連1点&3連単30点

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 重賞1点勝負で断然の実績! ■

ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負]    590円的中

菊花賞(GI)
[3連単30点] 10万0590円的中

毎日王冠S(G2)
[馬連1点勝負]    670円的中
[3連単30点]  1万0170円的中

札幌記念(G2)
[馬連1点勝負]   1330円的中
[3連単30点]  1万6590円的中

小倉記念(G3)
[馬連1点勝負]    790円的中
[3連単30点]  1万0700円的中

フェブラリーS(GI)
[馬連1点勝負]   1140円的中

▼阪神JFの1点勝負を無料で入手▼


口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】競馬報道
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://keibahoudou.com/
【おすすめポイント】
『競馬報道』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください