【ヴィクトリアマイル2017予想】データ比較分析|近年は差しが決まる!

老舗の競馬予想会社

本日のSKB競馬予想ではヴィクトリアマイル2017のデータ比較分析と予想をしたいと思います。

先週のNHKマイルCのデータ比較では外枠不利との傾向がでましたが、そこからさらに掘り下げて、ペース次第では外枠不利ではないと結論づけました。実際にアエロリットは外枠から馬券に絡みましたね。今週もしっかりと考えます!

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2017
データ傾向分析

それではまず最初に簡単に、ヴィクトリアマイルの過去10年データを振り返っておきましょう。

【ヴィクトリアマイル2017予想】基本データ分析|スタミナ勝負に強い馬を!

↑今回もすでに書いたこちらの記事を参考にします。

・過去10年データまとめ

ヴィクトリアマイルの枠順傾向
→内枠がかなり有利。特に1枠と2枠。

東京芝1600mの枠順傾向
→枠順の有利不利はなし。回収率は外枠が良い。

前走クラス傾向
→G2組が好成績。穴ならG3組。

前走レース傾向
→中山牝馬S組や牡馬混合戦組が強い。

年齢傾向
→勝率は4歳馬。回収率なら5歳馬。

簡単にまとめるとこのようになっています。

ヴィクトリアマイル的には内枠有利です。しかしコース的には外枠の馬に妙味があります。重い印は内枠、穴馬は外枠といった感じがよいでしょう。

G1戦なので重賞組の戦いになりますが、その中でも中山牝馬S組が好成績。さらに産経大阪杯組やダービー卿CT組などの牡馬と戦ってきた馬も好成績です。阪神牝馬S組はそこまで成績が良くありませんから、王道路線とは言えませんね。

年齢としては4歳馬、5歳馬を中心に考えたい所です。

比較データについて

10年データを見ていきましたが、ここからは10年データと4年データを比較して、より近年の傾向を見ていきます。

比較するデータの種類ですが、今回は【枠順】【脚質】【ローテーション】の3つを見ていきたいと思います。

【枠順】・・・馬場造園などの変化、騎手の意識の変化など

【脚質】・・・馬場造園などの変化、騎手の意識の変化など

【ローテーション】・・・重賞スケジュールの変化など

それぞれの変化から傾向が変わるということを、念頭に置いて考えていきます。それでは見てきましょう!

ヴィクトリアマイル、枠順比較

まずは枠順を見ていきます!こちらはNHKマイルカップの過去10年枠順データです↓

・過去10年の枠順データ

複勝率を見ると内枠の数値が高いです。内枠有利ですね。

続いてこちらの過去4年の枠順データをご覧ください↓

・過去4年の枠順データ

過去4年の方を見て見るとがらりと印象が変わりますよね。勝ち馬4頭の内3頭は外枠から出ていますし、複勝率に関しては内外で有利不利はありません

さらに過去4年では内枠に人気馬が多く入っています。それでいて複勝率が大差ないのであれば、むしろ外枠有利と言えますね。

勝つにも馬券に絡むにも外枠の方が良いと思います。

枠順についてのポイント

  • 近年は外枠から勝ち馬が多く出ている
  • 内枠と外枠で複勝率はそれほど変わらない
  • 人気を加味すると外枠の方がむしろ有利

ヴィクトリアマイル、脚質比較

続いては脚質を見ていきましょう。こちらは過去10年の脚質データです↓

・過去10年の脚質データ

勝率も複勝率も綺麗に、逃げ馬>先行馬>中団馬>後方馬となっています。過去10年では前に行ける馬ほど有利なレースと言えます。

それでは次にこちらの過去4年の脚質データをご覧ください↓

・過去4年の脚質データ

逃げ馬は相変わらず良く馬券に絡みますが、先行馬の成績がかなり下がっています。そして中団馬の成績が上がっています。

中団馬の活躍ぶりを見ると、近年は東京らしい差しの届くレースになっているようです。

昨年も勝ち馬のストレイトガール、2着馬のミッキークイーン、3着馬のショウナンパンドラと馬券に絡んだ馬は全て差し馬でした。

今年も差しが届くレースになる可能性は高そうですね。

脚質についてのポイント

  • 逃げ馬は近年も良く馬券に絡んでいる
  • 先行馬と中団馬が同じぐらいの複勝率
  • 差しも届くが、追込みは届かない

ヴィクトリアマイル、ローテーション比較

最後にローテーションを見ていきましょう。こちらは過去10年の前走レースデータです↓

・過去10年の前走レースデータ

阪神牝馬S組福島牝馬S組の出走頭数がきわめて多いですが、どちらも複勝率はそこまで高くありません。福島牝馬S組に関しては10%以下なので、通用しないことが多いのでしょう。

牝馬限定戦で言えば、中山牝馬S組が好成績。複勝率26%は優秀です。

さらに産経大阪組やダービー卿組なども良く馬券に絡んでいます。前走で牡馬と戦った馬には注意です。

それでは過去4年データをご覧ください。

・過去4年の前走レースデータ

阪神牝馬S組は相変わらずあまり成績が良くありません。福島牝馬S組も同様ですね。中山牝馬S組は全く馬券に絡まなくなっています。

過去10年と同じく産経大阪杯組は好成績ですね。そのほかでは高松宮記念組も活躍しています。

最後におまけで一つデータを。

・過去4年の前走距離別データ

こちらは前走距離別の成績データですが、どの距離馬でも馬券に絡んでいますよね。

過去10年では前走マイルの馬が好成績でしたが、近年はどの路線の馬でも力さえあれば馬券に絡んでいます。

今年も前走1200mのレッツゴードンキや前走2200mのスマートレイアーが参戦していますが、能力さえあれば好走できると思います。

ローテーションについてのポイント

  • 阪神牝馬S組、福島牝馬S組は成績がイマイチ
  • 短距離馬や長距離馬でも馬券に絡める

以上、ヴィクトリアマイルの比較データ分析でした!


口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】競馬報道
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://keibahoudou.com/
【おすすめポイント】
『競馬報道』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.