【オーシャンステークス2017】最終予想|本命ブレイブスマッシュで勝負!

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

この記事ではオーシャンステークス2017の予想をしたいと思います。このレースはメラグラーナ、ナックビーナス、ブレイブスマッシュなど比較的若い馬が人気しそうです。

ただスノードラゴン、レッドアリオン、バクシンテイオーなどのベテラン馬も、状態面が良ければ当然馬券内に飛び込んでくることでしょう。かなり難解なレースとなりそうです。

スポンサーリンク

オーシャンステークス2017
最終予想(3/04更新)

馬番 馬名
03 ブレイブスマッシュ 
06 ウインムート 
09 メラグラーナ 
07 トウショウビスト 
1,4,2,5,10

オーシャンステークス2017はこちらで勝負予定です!!

【自信度】★★☆

【参考】自信度設定

今年から自信度レベルをわかりやすく3つにしています。基本的に軸の選考の

仕方で自信度を決めます。また、そこから相手がどれくらいの頭数や選んだ紐が

どれくらいすんなり決まったかによって自信度を決めています。

自信度★☆☆

推奨レース(パドック次第で買う程度)

自信度★★☆

通常勝負レース

自信度★★★

金額増加で大勝負!!

【推奨買い目】

<馬連>

◎ - 印 8点

<3連複>

◎ - ◯▲☆ - 印 18点

以上、オーシャンステークス2017の予想でした!


オーシャンステークス2017
データ分析(3/03更新)

こんにちは。SKB競馬予想副管理人のかーるです。

弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSと今週は3重賞行われますが、一番難解なのはこのオーシャンSではないでしょうか。

メラグラーナナックビーナスは確かに中山芝1200mを得意としていて、力もある馬ですが、そこまで抜けて強いイメージはありません。

スノードラゴンレッドアリオンなどの重賞馬も参戦していますし、何が起こるかわかりませんよね。難しいレースですね・・・

そんなオーシャンSですが、早速データを見てきましょう。

※「TARGET frontier JV」を利用

  • レース枠順別成績データ
  • コース枠順別成績データ
  • 前走クラス別成績データ
  • 前走レース別成績データ
  • 年齢別成績データ
  • 最後の注目データ
    (前走1400m以上の馬を狙え!)

こちらの6つを見ていきます。

オーシャンステークス
枠順別成績データ
(過去10年分)

1枠~8枠までどの枠からでも3着以内馬が出ています。馬券内という意味では内外で枠順の有利不利はなさそうです。

勝ち馬に目を向けてみると、4枠より内から7頭、5枠より外から3頭というように、内枠から多くの勝ち馬が出ています。

1着を狙うならば内枠が欲しい所です。馬券内ならば、どの枠からでも入れます。

中山芝1200m
枠順別成績データ
(過去5年分)

コースデータを見ると、最も勝率・複勝率が高いのは6枠です。そして最も勝率・複勝率が低いのは2枠です。

内枠有利、外枠有利と決めつけられません。どの枠からでも勝てますし、馬券に絡めます。

1200m戦ですから枠単体よりも、ペースと枠のかみ合いが重要なのかもしれません。

前走クラス別成績データ
(過去10年分)

勝ち馬10頭の内、8頭が1600万組とOP組です。下のクラスを勝ち上がってきた勢いのある馬が勝ち切れるレースです。

G3組などの重賞組の馬たちは2着が多い印象。そして人気するため回収率は低いです。

1600万組、OP組の方が勝率・複勝率・回収率すべてに高い数値です。下のクラスの馬でも十分通用する舞台なので、気を付けたいですね。

前走レース別成績データ
(過去10年分)

・主な前走レース

前走レースを見ると、阪神カップ組、淀江短距離組などがよく好走しています。

今年はラピスラズリS組のメラグラーナが人気していますが、同レース組はあまり馬券に絡みません。

勝ち馬が9つものレースから出ています。これといった王道レースはなく、どのレースから来た馬でも力さえあれば勝てるレースと言えそうです。

年齢別成績データ
(過去10年分)

4歳馬の成績はあまりよくありません。回収率は最も低いです。

5歳馬から勝ち馬が多く出ています。複勝率も高いですし、毎年中心となるのは5歳馬です。

6歳馬7歳以上の馬は、勝ち馬こそ少ないですが馬券にはよく絡みます。複回値も非常に高いですし、うまく馬券に組み込んでいきたい所です。

最後の注目データ
(前走1400m以上の馬を狙え!)

オーシャンSは中山芝1200mで行われるレースですから、過去10年のデータを見ても、前走1200mの馬が多く出走します。

そこでこちらのデータをご覧ください↓

・前走距離別成績データ

前走距離別成績データですが、前走1200mの馬は125頭出走、前走1400mの馬は24頭出走、前走1600mの馬は9頭出走というように、1200mの馬が非常に多いことがわかると思います。

しかし勝率・複勝率を見てみると・・・

  • 前走1200m 勝率5.6% 複勝率15.2%
  • 前走1400m 勝率8.3% 複勝率37.5%
  • 前走1600m 勝率11.1% 複勝率22.2%

このように前走1200m組よりも、前走1400m組や1600m組の方が成績が良いです。

中山1200mは最後の坂があるおかげでタフなコースになっていますし、重賞なのでペースも厳しくなると思います。1400m以上のレースを走れるぐらいのスタミナが必要なのかもしれません。

今年は例年に比べると前走1200mの馬の割合が少なく、1400m以上の距離から来た馬が多いです。過去データ的には1400m以上の距離から来た馬を狙いたいところですね。

  • スノードラゴン 前走阪神C(1400m)
  • ナックビーナス 前走京都牝馬S(1400m)
  • ブレイブスマッシュ 前走ニューイヤーS(1400m)
  • など

主な馬はこちらの3頭でしょうか。

以上、データ分析でした!

2100名突破!無料メルマガのお知らせ

阪神カップ、京都金杯、フェアリーステークスと無料メルマガ限定で配信した

予想で3連勝!以下、的中画像です!

img_3223

8700円投資で102720円回収!回収率1180%!!

配信予定はこちらのとおりです!ぜひご登録ください!

無料メルマガ配信予定

3/4(土)平場予想検討中

3/5(日)平場予想検討中

みなさま登録お待ちしております!

【メルマガのご登録はこちらのバナーをクリック!】

SKBTODO1

※登録完了のメールがこない場合は迷惑メールフォルダへ届いている可能性が

ありますので、「@skbmagazine.com」のドメイン指定解除をお願いします。

どのようなメルマガか?のはこちらをご確認ください!<紹介ページはこちら>

<PR>今ココの競馬予想がアツい!とにかく当ててくる!!

「KEIBA会議」はユーザー同士の交流をテーマにした
全く新しい競馬情報サイトです。

→ http://www.raceweb.jp/

その前に・・・
「KEIBA会議」ってどんなサイト?

「KEIBA会議」最新的中実績

そして、当然ですが・・・あります!

「KEIBA会議」の買い目提供!!

今週は3歳クラシックトライアル・弥生賞!!
競馬で勝つには好調な予想サイトに乗るのが1番です!!

>「KEIBA会議」で高配当レースをを徹底攻略!!

→ http://www.raceweb.jp/

 
 

コメント

  1. しげる より:

    私が使用している出馬表では⑦トウショウピストの調教が良かったみたい・・・
    しっかり☆が入っていますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング