【エルムステークス2016予想】有力出走馬分析|モンドクラッセ等

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日はエルムステークス2016の有力馬、

モンドクラッセ、ロワジャルダン

クリノスターオーなどを分析予想します!

混戦模様の関屋記念とは違い、こちらの

エルムステークスは2、3頭ほど強い馬が

いるように見えますがどうでしょうか。

ハイレベルな重賞で好走した馬や

そこそこの重賞で勝ち切った馬、

そしてOPを勝ち上がってきた馬など

バラエティに富んだメンバーのレースですね。

今週も有力出走馬の近走状況を見ていきましょう!

001

こんにちは!かーるです!

今週は関屋記念とダート重賞の

エルムステークスの2重賞が行われます!

先週もダート重賞のレパードSがありますが

こちらは3歳戦で、今週は古馬たちの戦い。

個人的には芝は3歳戦も面白いと思いますが

ダートに関しては断然古馬が面白いと思いますw

なのでエルムステークスは楽しみですねー

レパードSは1・2着が人気馬で決まり

馬連はなんと260円という固い決着!

3歳ダート重賞らしい力の差が

はっきりとしたレースだったようですね。

今年のダートの3歳世代は全体的にも

そこまでレベルが高くなさそうですし

トップレベルの馬も抜けて強いという

感じでもないですよね・・・

その点、の3歳世代は普通にレベル高いですし

トップレベルの馬はさらに抜けて強いので

今後の古馬との対戦が楽しみですw

さて、それではエルムステークスの話に戻しますが

今年はモンドクラッセロワジャルダン

クリノスターオーなど、名の知れた馬たちが

参戦していて、かなり豪華な印象を受けます。

少なくとも昨年よりは豪華だと思います。

昨年の覇者ジェベルムーサが参戦しますが

ちょっと昨年とはレベルが違うのかなと。

連覇するのは険しい道かもしれませんねー

スポンサーリンク

エルムステークス2016有力馬紹介

今回は

  • モンドクラッセ
  • ロワジャルダン
  • クリノスターオー

こちらの3頭をご紹介します。

モンドクラッセ

  • 前走  大沼S(OP)     1着
  • 2走前 フェブラリーS(G1) 8着
  • 3走前 東海S(G2)     2着
  • 4走前 みやこS(G3)    7着
  • 5走前 内房S(1600万)   1着

逃げて自分の流れに持ち込むと強い競馬をするタイプで

東海Sや内房Sは素晴らしく強い走りでした。

今回のメンバーの中にはモンドクラッセ以外に

逃げ馬はいませんし、展開も向きそうです。

そして札幌ダート1700mは3戦3勝と相性抜群です。

ここは少し逆らいづらいですね。

注目レース

前走 大沼S(OP) 1着

注目していただきたいのは前走の大沼S。

このレースは逃げることができずに

2番手から競馬をする流れになってしまいました。

しかし、終わってみれば着差0.5秒の圧勝。

先行しながら上がり最速だったように

非常に強い走りでしたし、番手に付けて

強い競馬ができたというのは、大きな収穫でしょう。

ロワジャルダン

  • 前走  平安S(G3)      10着
  • 2走前 アンタレスS(G3)   5着
  • 3走前 フェブラリーS(G1)  5着
  • 4走前 東海S(G3)      3着
  • 5走前 チャンピオンズC(G1) 4着

G1で掲示板に乗れる実力がある馬です。

チャンピオンズCやフェブラリーSの

走りはかなりいい感じなのですが

G2、G3では人気ほど走らないですね。

札幌ダート1700mは初めてですし、

果たしてエルムSでいい走りができるでしょうか。

注目レース

3走前 フェブラリーS(G1)  5着

注目したいのは見どころ十分のフェブラリーSです。

4角から直線半ばまでは手ごたえ抜群。

しかし最後の最後粘り切れずに5着でした。

このレースでは横山騎手が直線で外に出したため

他の馬とあまり激しく競り合うことなく

伸び伸びと走ることができていましたね。

4角で一番外にいる感じが合っているのかも。

クリノスターオー

  • 前走  平安S(G3)      2着
  • 2走前 マーチS(G3)     5着
  • 3走前 ダイオライト記念(G2) 2着
  • 4走前 佐賀記念(G3)     3着
  • 5走前 チャンピオンズC(G1) 15着

4角での手ごたえからは想像がつかないほどの

粘りが持ち味のクリノスターオーですが

前走の平安Sはまさに持ち味を生かしたレースでした。

そして近5走で馬券に絡んだ3走はすべて幸英明騎手騎乗。

相当、馬と騎手の相性が良いのでしょうね。

昨年のエルムSは4着、一昨年のエルムSは2着で

コース相性も問題ないと思います。

注目レース

2走前 マーチS(G3) 5着

注目したいのは2走前のマーチS。

このレースはかなりのスローペース。

スタミナよりは切れ味が求められる感じで

クリノスターオーの粘りが発揮できませんでした。

1800mで行われたマーチSとチャンピオンズC

1900m以上で行われたその他3レース。

成績が良いのは後者の方なので

今回1700mに距離短縮になるのは厳しいかも。

スローになったらますます厳しいですね。

以上、3頭の有力出走馬を分析しました!

予想オッズ的にはモンドクラッセ

2倍台で抜けた人気となっていますが、

能力や適性、そして展開に恵まれそうな

所を見ると当然なのかもしれません。

ただロワジャルダンもG1のように走れば

強い馬ですからねー。難しいところです。

以上、出走馬分析でしたー。

今日の記事よかった!!という方は、

応援クリックしていただけると嬉しいです^^

↓↓応援はこちらのバナーをクリックお願いします!↓↓
人気ブログランキング誘導

なお、エルムステークス無料メルマガで

予想をお送りいたしますぜひご登録ください!

【無料メルマガ:SKBトドのダブルアップマガジン】

どのようなメルマガか?のはこちらのページを

ご確認ください!<紹介ページはこちら>

すぐに登録!!という方は↓↓

<ご登録はこちらのバナーをクリック!>

SKBTODO1

※登録完了のメールがこない場合は迷惑メールフォルダへ

届いている可能性がありますので、
「 @skbmagazine.com 」のドメイン指定解除を
お手数ですがお願いします。

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 関屋記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
関屋記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

新潟夏の名物重賞である関屋記念
サマーマイルシリーズの2戦目となる。

なんといってもこのコースの最大の特徴はその長い直線。
近年の日本競馬では上がり3ハロンのタイムという
ファクターが重要視されているが、この新潟外回りは
その上がり3ハロンが全て直線となる。
人間もそうだがカーブの方がスピードが落ちるのは馬も同じ。

加えてスタートから3コーナーまでの距離も
十分にあることから、前半のペースも落ちやすい。

究極の上がり勝負となるレースだ。ここ10年の勝ち馬の
平均上がりタイム33.2秒からもどれだけ最後の脚が
重要かは見て取れる。配当面では、過去10年全てが
3連単万馬券という結果だが、そこまで波乱の傾向はない。
とにかく速い上がりを持つ馬に注目したい。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に
幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、関係者が本音を
漏らしがちな新聞が発刊された後、レース直前まで
情報収集を行う。今回は特別に入手した極秘情報と
天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ
【関屋記念〜馬連3点勝負〜】を当日8/14の13:30頃に
無料配信。「どの馬を狙うべきか」少しでも迷っている方は、
是非とも参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 関屋記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
関屋記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開


七騎の会:関屋記念300_250

 
 

コメント

  1. いつも楽しく拝見しています!ヾ(@^∇^@)ノ

    この度は新しくブログを開設しましたので、もし相互リンク・RSSしていただければと思いコメント欄にて書き込みさせていただきました!o(>▽<)o
    当サイトに遊びにくる方々に出来る限りご紹介できればと思い(o_ _)ノ
    誠に勝ってながらこちらではリンクを設置させていただいています!(*^日^*)

    お邪魔じゃない場所にリンクを設置しただけるとすごく嬉しいです!宜しくお願いいたします!(*^日^*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング