【京成杯2016予想】データ考察|買える枠順・騎手・過程等

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日は京成杯2016のデータ考察、買える枠順、騎手、

血統などを予想したいとおもいます。

京成杯

スポンサーリンク

京成杯2016予想の前に

まー、仕事上もプライベートもいろいろと思うところは

常にあるんですが、なんでしょうか。

他人に望む人ってどうも苦手というか、嫌いなんですよね。

なにを考えて生きているのかよくわからんなー・・

というのが、本音ではあるんですが、自分の考えや

行動の決定権は自分にあるわけであって、

嫌なら自分から去ればいいだけだと思うんですよね。

まー、仕事上はそうはいかないので仕方がないことも

往往にしてありますが、プライベートなんか特に

自分で選択できますからね。

基本的にその選択権があるのに他人に望んだ時点で、

その人は消えるわけです。そんな生き方つらくないですか?

と、説教してみたところ、どうやら響いたみたい。

まー、響いてもこういう考え方ってなかなか変わらないので、

本質的には無理なんだろうが・・・。

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、時間は有限ですので、

有益な時間にしたいものです。

さてさて、本日は京成杯のデータ考察をしたいとおもいます。

京成杯というと僕の大好きなエイシンフラッシュを思い出します。

エリカ賞を経て、京成杯で快勝しましたが、今見てもあの馬の

馬体はすごい綺麗でしたね。もうそろそろ産駒もデビューしてきますし、

応援したいと思っています^^

さて、本題の京成杯予想にいきます。

京成杯枠順別データ(過去10年)

京成杯データ

過去10年でみると外枠が非常に有利ですね。

1〜4枠:20%、5〜8枠:80%と勝率がかなり偏っており、

外枠を重視したほうがよさそう。

連対率、馬券率でいえば、内枠も悪くはないので、

軸選びとしては外枠を選んだほうがよさそうですね。

京成杯騎手別成績データ(過去10年)

京成杯データ

松岡騎手、蛯名騎手、大知騎手が高確率で

馬券内にきてますね。

中山2000という舞台設定もあるし、経験が

必要なこともあり、関東の騎手が多め。

(日経新春杯も被るので仕方がない面もあり)

まだ騎乗予定がはっきりしてはいませんが、

大知騎手のマイネルラフレシアはよさそうですね。

京成杯前走レースデータ(過去10年)

京成杯データ

ホープフルステークス組、朝日杯FS組をメインで

考えたほうがよさそうですね。

※エリカ賞は廃止のため該当なし

・ホープフルステークス組

ブレイブスマッシュ

プランスシャルマン

オンザロックス

・朝日杯FS組

ユウチェンジ

アドマイヤモラール

今年はこちらの5頭が該当。

エリカ賞は廃止されたものの同じ舞台である、

阪神2000mを経由しているナムラシングン

加えておいたほうがいいかもしれません。

ということでデータ関連をみてみましたが、

予想オッズも下記のように割れているとおり、

なかなか絞りきれないところですね。

1 ウムブルフ 3.1
2 マイネルラフレシア 4.4
3 プランスシャルマン 6.0
4 メートルダール 6.2
5 ユウチェンジ 7.5
6 ブレイブスマッシュ 11.3
7 プロフェット 13.0
8 ケルフロイデ 13.4

枠が出てみないとなんとも言えないところですが、

この20倍を切るオッズの馬のなかで、重めの印

打とうと思っているのはこちら。

C. 人気ブログランキングへ
 (12位くらいです)

内枠の勝率は低いですが、逆に内枠でじっと

脚を溜めるようなレースができれば、逆転もあり、

とみています。人気が落ちる今回が狙い目では?

<PR>

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 日経新春杯(G2)

10万馬券も狙えるとっておきの1鞍
爆穴3連単勝負買い目を無料公開

シンクタンク:日経新春杯234_60

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は10番人気フーラブライド陣営の『右回りに替わるので今回は右側にチークを着用とモタれ癖対策もシッカリとやっている。牡馬相手でも立ち回りひとつ』との勝負情報を入手し、6番人気アドマイヤデウスとの本線決着で万馬券的中をお伝えしている当社ドル箱レースの1つ。

このレースを攻略するポイントの1つは、『冬場に行われるハンデ戦のG2』の意義を考えることにある。賞金が高いため、重賞で勝ち負けしてきた実績馬が参戦するが、ハンデ戦ということもあって、準オープンや1000万条件を勝ったばかりの格下の参戦も多く、過去にも馬券に絡んでおり軽視できない存在になっている。競馬新聞を眺めているだけで、どの馬が“買える”のかをジャッジすることは困難極まりないと言っていい。

例えば、同じ重賞実績馬でも「春は天皇賞に出したいんだ。今の内に賞金を加算して、ローテを楽にさせておきたい」という馬と、「この後は適鞍がないし、使える内に使ってしまおう」という馬では、どちらが“買える”かは一目瞭然。

また、格下の馬にも「準オープンだと使いたい鞍が中々ない。使えそうだったから使ってみた」という馬と、「今年はこの馬で大きいところを…と思っているんだ。ココでも好勝負になるはず」という馬では、ココに賭ける勝負度合いが全く違う。

しかし、公正競馬を建前とする以上、こうした“裏=本音”は“表=新聞などのマスコミ”に公表されることはない。こうした本音の部分を掴めるのは、大物関係者が多数在籍し、関係者と身内同然の関係にある当社情報ルートといった一握りの存在のみ。

もちろん、今年も各陣営から“裏=本音”はキッチリと聞いている。昨年、10番人気フーラブライドから万馬券的中をお伝えした情報力を、今年も存分に発揮することになるだろう。

そこで、シンクタンクの情報力多くの方に知ってもらうべく、今週は初めてご参加の方に限り、日経新春杯の【爆穴3連単勝負買い目】を無料公開させて頂く。コレを見逃す理由がないことを、賢明な方であればもうお分かりのはずだ。

これがJRAの大物OBの実力!
今年も初日からお年玉馬券をお届け!

1月5日(火)
中山8R
3万0640円的中!

激走穴馬ヤマニンシャンデル(12番人気3着)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 日経新春杯(G2)

10万馬券も狙えるとっておきの1鞍
爆穴3連単勝負買い目を無料公開

シンクタンク:日経新春杯300_250

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング