【スプリンターズステークス2015予想】データからみえる攻略法

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日はスプリンターズステークス2015

データ予想をしてみたいと思います。

スプリンターズステークス

参考になる/ならないはありますが、

いつもどおりのデータ紹介いきます!

年齢別成績(過去10年)

スプリンターズデータ

連対率、馬券内でみても5歳以下

割合が大きい。連対率でいうと7割が

5歳以下ということなので、軸馬として

安心できるのは5歳以下を選ぶのが

妥当でしょうか。

とはいえ、6歳以上だから消し

というのは決めつけすぎなので

6歳以上については状態と力を見極める

必要がありますね。

日本馬の年齢別成績(過去10年)

スプリンターズステークスデータ

スプリンターズSは海外からの参戦も

多いレースなので日本馬に絞った

年齢別をみてみると、こちらも

5歳以下がメイン。やはり6歳以上は

若干割引が必要ですね。

前走のコース別成績(過去9年)

スプリンターズステークス

前走芝1200でないと勝ち馬がいない

という偏りですね。

やはりスプリンターは求められる要素が

違いますので、そこが現れている証拠でしょうか。

人気どころでいうと、ミッキーアイル

前走は安田記念なので多少割引が必要か。

とはいえ、もともとスプリントで活躍していた

馬だけにここは問題ないと思っています。

同年JRA GI / GII における連対経験の有無別成績(過去10年)

スプリンターズステークスデータ

2015年度のG1・G2で連対経験

あったほうがよいというデータですが、

該当はこちらの馬。

アクティブミノル
ウリウリ
サクラゴスペル(前走1200ではない)
ストレイトガール

案外絞れるんですね。

ということで、データをまとめてみて

軸馬として最適な候補としては、

5歳以下、前走芝1200、今年G1/G2で連対

該当している馬が良さそう。

となると、ウリウリがデータ的には軸馬として

最適になりそうですね。

次点として6歳ですがストレイトガールでしょうか。

ではこの2頭の1週前追い切り情報をみてみます。

ウリウリ

9/25 栗坂不 55.7 40.3 25.8 12.4 馬なり

1週前の追い切りとしては良い時計ですね。

調子は維持、もしくは最終次第では

一気に仕上げてきそうですね。

このあと香港スプリントというよりは、

ここでG1馬になることが最優先だと

思いますので、ここは期待できますね。

ストレイトガール

9/25 栗坂不 55.4 39.3 24.9 12.2 馬なり

こちらも1週前として非常に良さそうですね。

日本ではラストランになるでしょうし、

G1馬の名に恥じないレースをしてほしいですね。

ウリウリやベルカントが人気になり、

この馬の人気が落ちるなら狙い目ですね。

ジョッキーが不安ではありますが・・。

ということで、軸候補の2頭は両方とも

よさそう。絞る上でも最終追い切りが楽しみです。

では上位2頭が完全に抜けているか?というと

そうでもないと思っています。枠と展開次第

大きく変わるのが中山1200なので、

枠にも期待ですね。

ちなみに1週前追い切りをみた感じで、

この人気なら買いだろう!枠次第では

ここから入っても投資対効果が高いだろう!

という穴馬候補はこちら。

B. 人気ブログランキングへ(24位くらいです)

現時点ではオッズ13位、56.9倍。

夏の成績を考えると妥当かなーと思いますが、

ちょっとなめられすぎでは?

<PR>

SKB競馬予想をご覧のみなさん!大場です。

【スプリンターズSは“大チャンス”と思ってください!】

→→→→→→→→→→→→→→→→→→
↑最強スプリンターを決定する熱き一戦↓
←←←←←←←←←←←←←←←←←←

10/4(日)
◆スプリンターズステークス(G1)◆

実力馬2頭は高確率で馬券圏内に入る!

狙うはヒモ荒れ3連単!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スプリンターズSで激走する4頭とは!?

今なら期間限定で、買い目情報、レース考察がご覧になれます。
▽     ▽
詳細はコチラ

昨年は新潟開催でしたが、今年は従来の中山開催で行われるスプリンターズS。

同じG1の1200M競走である、
3月29日(日)高松宮記念(G1)は参考になりそう・・・

と思うかもしれませんが、コースの特徴も開催の季節も異なる為、
実はほとんど参考になりません。


実際、高松宮記念に出走していなかった馬の方が好成績なのです。

その理由は、このコースはスピードだけで押し切るのは困難で、
高松宮記念以上にパワーと底力が求められるという事です。

それでは、今年のスプリンターズステークスの
傾向と特徴を見て勝ち馬を紐解いていきましょう!

◆──────────────◆


■日本馬の6歳以上は不振な傾向にあります。

パワーと瞬発力がいるレースですので、
衰え始める年齢である6歳以上の馬は不振に終わってしまうのでしょう。

ただ、海外馬の年齢別成績を見ると、
3着以内に好走したのはすべて「6歳以上」の馬です。
海外馬を評価する際は、「6歳以上」の馬を重視すべきでしょう。


■1~3番人気の馬が連対を外したデータは、
過去10年のレースの中では、1度もありません。

更に、過去10年で実に7回も6番人気以内の馬が結果を出しています。

人気にはあまり逆らわない方が賢明だと言えます。


■過去10年で連対している馬の95%は重賞で2勝以上している傾向があります。

このデータも見逃し厳禁ですので、
過去データをしっかり見ていきましょう。

■ステップレースももちろん参考になります。
スプリンターズステークスの10年間で馬券圏内に入った30頭中13頭は、
セントウルステークス出馬組が来ています。

◆──────────────◆

これらのデータを見ると一見、
実力馬ばかり来るように思うかもしれませんが・・・


実は1頭だけ、この夏で覚醒を遂げ、
成長が著しいと騒がれている伏兵馬が!!

スプリンターズSを賑わすその馬とは!?


詳しいレース解説と併せてご覧ください。

詳細はコチラ

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング