【皐月賞2016予想】サトノダイヤモンド等1週前考察|土日結果

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日は牡馬クラシック第一弾皐月賞2016

1週前考察と土日結果を振り返りたいと思います。

皐月賞2016

■■■■■■■■■■■■■ 皐月賞 ■■■■■■■■■■■■

  サトノが来ても500倍!陣営が警戒する伏兵馬は?⇒

  関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

マスターズ:皐月賞490_160

いやー、土日はよい天気でしたね!

春模様で競馬場いかれた方は相当

気持ち良かったではないでしょうか。

さて、そんな気持ちいい結果になったのか?

というと微妙な結果でした。

まずは予想結果の振り返りです。

スポンサーリンク

今週の予想結果

今週は土曜日はよかったものの、日曜日は

3戦全敗。阪神牝馬で浮いていた分を全て

日曜日に溶かしてしまうという最悪の結果でした。

とくに日曜日はSKRを2レースやりましたが、

展開予想、および4歳馬の能力上積みの見込みが

全く外れており、印の回し方がずれていたり、

軸の選定がずれているという始末でした。

本当に申し訳ございません。

今週末にやるのであれば、今週の敗因を

踏まえて、しっかりと成長した予想を

していきたいと思います。

さて、まずは土曜日の予想結果からです。

ニュージーランドトロフィー予想結果

1着 ◎1 05番ダンツプリウス

2着 無 08番ストーミーシー

3着 無 04番エクラミレネール

紐抜け。2着3着の馬はどう転んでも

拾えなかっただけに悔しいというよりは、

拾える要素がどこにあったか?というと、

正直みつかっていません。

ここは週中でもう少しブレイクダウンして

考えてみたいと思います。

阪神牝馬ステークス予想結果

1着 ◎2 07番スマートレイアー

2着 ◯ 06番ミッキークイーン

3着 ◎1 09番ウインプリメーラ

本線どんぴしゃの的中

参考買い目で出したとおり買っていたので、

ワイドも厚めの馬連も取れてよかったです。

ミッキークイーンが飛んだら面白かったのですが、

さすがの脚でしたね。VMもだいぶ面白いことに

なりそうです。ストレイトガールは明らかに

叩き台でしたね。マイナス体重でしたし、

ここから一気に作ってくるでしょう。

桜花賞予想結果

1着 ▲ 13番ジュエラー

2着 ☆ 12番シンハライト

3着 △ 10番アットザシーサイド

メジャーエンブレムが飛ぶ可能性というのも

考慮し、ダブルアップの真髄をみせれる

レースかなと思っていましたが、デンコウアンジュ

ウィンファビラスともに飛ぶ結果。

ジュエラーをメジャーエンブレム以外の

最高評価をしていただけに悔しい縦目と

なりました。

これは1列目と2列目を変えるレースだったなと

反省しています。やはり先週と同様、この基準が

いまいち定まっていないのかなというレースでした。

あとは超僅差での決着だったものの、

「チューリップ賞より着順が上がる」という傾向は

微妙ながらも継続。来年に向けては必要な要素として

覚えていて損はなさそうですね。

4/10 中山12レース予想結果

1着 ☆ 06番ウォーリアーズソウル

2着 ▲ 04番ティップトップ

3着 △ 10番ヒカリブランデー

こちらも縦目。救いなのは、◎1◎2◯▲☆の

5頭ボックスを買っていた方がおり、

上手な縦目フォローだなーと思いました。

軸2頭スタイルのため、縦目フォローは

極力しないようにしているのですが、

1列目、2列目のブレがある以上、

こういったボックス戦略はよいのかも

しれませんね。

梅田ステークス予想結果

1着 無 15番ブライトアイディア

2着 △ 10番ヨヨギマック

3着 ◎2 07番マウントハレアカラ

こちらは頭抜けの結果に。正直、これが

一番悔しいレースでした。

ブライトアイディアの能力を見間違っていたのと、

思っていた展開にならなかったのが原因ですが、

展開読みが阪神ダートはイマイチ精度が

悪いので、しばらくはこの条件を買わずに

想定どおりいっているかをみていきたいと

思います。中山1200mも今開催はずれている点が

大きいので、少し対象を変えたいと思います。

今週の推奨レース結果

大阪ハンブルグC:マドリードカフェ推奨(的中)

さて、落ち込んだままでもいられないので、

反省をしつつ、切り替えて勝負に挑みたいと

思いますが、皐月賞、および他レースも含めて、

先週分を一気に回収してやろうと思います!

皐月賞2016の1週前展望

2歳王者リオンディーズに続き、マカヒキ、

サトノダイヤモンドの3強構成になっていますが、

この3強で決まるのか、エアスピネルや

マウントロブソン等、その他の有力馬が

食い込んでくるか、それとも番狂わせが

あるのかどうか、ここ数年の皐月賞のなかで

相当なメンツが揃った今年。予想だけでも

楽しみですが的中してさらに満足という

皐月賞にしたいと決意を固めております。

さて、データ考察、追い切り考察等は

週末に向けてやっていきたいと思いますが、

◎1はすでに決めておりまして、こちらの馬です。

A. 人気ブログランキングへ

現在:13位くらいです。馬名はランキングの説明文章に記載しております!)

あとは対抗以下をどうするかですが、

このレースはダブルアップではなく、

おそらくシングルでの勝負となりそうです。

というのもそれだけ自信をもって攻めようと

思っています。

問題・課題がないわけではないのですが、

立ち回りのうまさ、持っている能力を

考えればここは軸でよいでしょう。

あとは枠と追い切り次第なので、

それ次第で変える可能性ありますが、

今のところはほぼ確定という感じです。

ちなみにオーナーが一番とりたいのは

もちろんダービー!と公言しているだけに

どこまで全力でやってくるかですが、

そこらへんの読みを掘り下げていきたいと

思います。

<PR>

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■■■皐月賞(G1)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  皐月賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年恒例になっているが、クラシックはもはや”社台の運動会状態”。今年もトライアルから使い分けがされているように見え、クラシックへ向けてシッカリと駒を揃えてきた。あとはその中からどの馬を選ぶかが重要。ポイントは臨戦過程と陣営の思惑。どれだけ本気でクラシックを目標にし、本番を意識した仕上げ、調整過程を踏めているかを知る必要がある。そうなると、きさらぎ賞からのぶっつけ本番になるサトノダイヤモンドはどうか?独特な中山競馬場を経験せずに本番に向う不安はある‥‥。だが早い段階からルメールを確保している点からも、陣営と鞍上の期待値の高さが伺える。

社台系の数的優位は変らないが、先のダービーまで見据えた仕上げをしており、非社台系にも付入る隙は十分ある。中山2000mへの適性があり、”ココが勝負”と仕上げられた伏兵の存在を見破れるかどうかが、三連系の馬券を獲るためのポイントになる。さらにこの時期の若駒は急激に変化する場合があり、過去の例を挙げると「直前に急激に馬が良くなった」「痛いところがなくなってシッカリ追えるようになった」など、直前の情報が鍵を握っている事は間違いない。

実際に【競馬セブン】が、第70回皐月賞で6番人気の◎ヒルノダムールから◎−○の馬連1点目的中をお届けした際や、第74回の◎ロゴタイプから◎−○の馬連的中の際も、直前の情報が鍵を握っていた。【競馬セブン】では直前情報・天候・馬場状態を加味して、最終結論を当日に配信している。今回は特別に【皐月賞極秘1点勝負】を無料配信するので、興味のある方は是非情報を入手して参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ■■■■皐月賞(G1)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  皐月賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

七騎の会:皐月賞300_250

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング