【ステイヤーズステークス2015予想】データ考察&香港G1等

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日はステイヤーズステークス2015のデータ予想と

来週末行われる香港G1について触れたいと思います。

ステイヤーズステークス

いやー来週末に行われるロンジン香港国際競争の日本のメンツが

すごいことになってますよね。

【香港マイル】

ダノンプラチナ、フィエロ、モーリスの3頭。

【香港カップ】

エイシンヒカリ、サトノアラジン、ステファノス、ヌーヴォレコルトの4頭。

【香港スプリント】

ストレイトガール、サクラゴスペル、ミッキーアイルの3頭。

と、合計10頭が香港G1を奪取するために海外遠征に!

この馬たちを1日で全部観れるというのも日本ではないですよね。

相手関係も強いレースばかりですが、全レースで日本馬が1着!

なんてのもこのメンツであれば夢ではないと思いますので、

今からかなり楽しみです!

ちなみに・・来週は春のクイーンエリザベスカップのときと同様、

仕事をうまく重ねられそうで、香港国際競争を堪能してこようと

思っています!いやー、ぜひとも行きたいw

(クライアント次第でキャンセルになる可能性も80%なので、

単勝馬券を握り締める感じで待ちたいと思いますw)

ちなみに今年のクイーンエリザベスカップ観戦した際の記事は

こちらです。もしよければご覧くださいー。

あ、あと阪神JFの日程と被りますがブログ更新はきちんとやります!

では伝統のステイヤーズステークスのデータ考察

やっていきたいと思います。

ステイヤーズステークスと聞くともう年の瀬だなーと

毎年思いますね。一年は本当に早いものです・・。

まず舞台である中山3600mのコース形態をみてみましょう。

ステイヤーズステークス

スタンド前を発走して約2周半してゴール。

3600mと国内最長距離の重賞。今年で49回目ということもあり、

冬の中山の代名詞となる重賞となっています。

やはり距離もありますが、中山の坂を3回も経由するというのは

なかなかきついコースです。

これだけの距離があれば枠順がかなり重要になってきますよね。

外を回らされてしまったら、下手した100m以上の距離損

うまれる可能性がありますので、枠順データをみてみましょう。

過去10年枠順別成績データ

ステイヤーズステークス

過去10年の勝率でいうと中枠が圧倒的に有利ですね。

とくに5枠は勝率、連対率、複勝率ともにかなり抜けています。

やはり6〜8枠は勝率も悪いし、多少の割引は必要ですね。

とはいえ、完全な死に枠か?というと勝ち馬もいるし、

7枠は連対率、馬券率もよいので要注意ですね。

過去10年騎手別成績データ

ステイヤーズステークス

長距離は騎手で買え!と格言がありますが、過去10年の

勝っている騎手だけに絞るとやはり名手が多い。とくに展開を読んで

騎乗できる騎手が多いですよね。

あと関東の重賞なだけあって、外国人騎手を除けば、

関東の騎手で占められているのも特徴的ですね。

主戦場の特徴はやはり関東所属でしかわからないことも多いので、

重視したほうがよさそう。

過去10年前走レースデータ

ステイヤーズステークス

過去10年でいうと圧倒的にアルゼンチン共和国杯組が

かなり有利。今年は該当が6頭と侮れない存在となりそうですね。

ということで各種データをみてみましたが、

1週前追い切りを加味して、内〜中枠だったら

軸候補筆頭な馬はこちら。

C. 人気ブログランキングへ
  (12位くらいです)

騎手がかなり不安なんですが・・調教がかなりよいし、

割れ加減のオッズなら狙い目ですね。

なお、今回取り扱ったデータ以外でもこちらのKLANから

様々なデータを無料でみることができますので、

よければご活用ください。(スマホでもみれますよー)



<PR>

□■□■□■□■□■□■□■□■□
第16回 チャンピオンズC(GI)

 想定50倍超!極上の1点情報と
内部関係者情報も惜しみなく無料公開
   > ココをクリック! <

シンクタンク:チャンピオンズC234_60

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の覇者ホッコータルマエ、今年のフェブラリーSを

制したコパノリッキー、3歳王者ノンコノユメ

その他にも古豪から新興勢力などが一堂に会し、

豪華メンバーで行われる今年のチャンピオンズC。

非常に注目度が高く面白いレースになりそうだが、

馬券的な取捨には頭を悩ます方も少なくないだろう。

実は、このレースを攻略するためには重要なポイントがある。

このポイントを把握した上で、当社情報ルートが入手する

情報を精査すれば、自ずと買うべき馬は絞られてくる。

「ガチンコ勝負なら■■にもチャンスの目はあると思うが、

このレースに限って言うならば▲▲▲と●●●が有利だろう。

ただ、この2頭で決まるかと言えば話は別」と。

昨年も8番人気のナムラビクターが穴をあけているが、

「今年もそのレベルの穴馬を掴んでいる」とのことなのだ。

この話は聞き逃せないところだろう。

そこで、初めて当社シンクタンクの情報を入手される方に限り

チャンピオンズCの『穴の1点』を特別に無料でお伝えする。

この絶好のチャンスを、ぜひともその手に掴んで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第16回 チャンピオンズC(GI)

 想定50倍超!極上の1点情報と
内部関係者情報も惜しみなく無料公開
   > ココをクリック! <

シンクタンク:チャンピオンズC300_250

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング