【シリウスステークス2015予想】ダノンリバティ等追い切り考察

競馬予想って本当に当たるの?
 
 

本日は土曜日に行われるシリウスステークス2015

予想をしていきたいと思います。

明日はスプリンターズステークス出走馬の最終追い切り

全頭考察をしようと思いますので、お楽しみに

お待ちください!

それはそうと、この前大手定食屋チェーンにいって

サンマの塩焼き定食を食べたんですよ。

まー、この時期はサンマですよね。

で、心情として「魚は綺麗に食べる」というのがあり、

頭と背骨と尻尾だけを残して完食したんですよ。

↓こんな感じ。

サンマ

そしたら、食べ終わった瞬間に、

隣にいた旅行中と思わしき、白人ご夫婦が

「トテモキレイニタベマスネ!スバラシイデスネ!

シャシントッテモヨイデスカ?」

と。

(これは綺麗に食す俺の職人魂、ひいては大和魂

感じたな!!してやったり!)

と思いまして、「あ、OKっすー」といって、

サンマの皿を持ちあげてドヤ顏したろうかと思った矢先に、

「ア、サンマダケヲトリタイノデス・・」

まじかw

食べた俺、もとい俺の魂をその高そうなファインダーごしに

覗いて、それを激写したいのではなく、

ただ単純にサンマのビフォーアフターを取りたいのか!

はい、でしゃばりすぎました・・。

で、満足そうにサンマを撮ったあとに、自国でも

食べれるであろうハンバーグ定食を完食され、

退店されていきましたw

(それにしてもお箸の使い方がうまかった!)

隣のOLに若干嘲笑されつつも、サンマというひとつの命を

極限まで扱う和のプレゼンができたので満足ですww

いやー、ご夫婦の旅の良い思い出になったかなw

なったのであれば本望です。

さてそんなサンマの話はおわりまして、

本題に戻り、有力馬の最終追い切り考察いってみます。

まずは予想オッズです。

シリウスステークス データ

こちらが10倍を切るオッズの5頭です。

ダート路線切り替え後、好成績のダノンリバティ

古豪・癖馬のナムラビクターの2強状態ですが、

食い込む馬はいるのか、追い切り考察いってみます。

ダノンリバティ

9/30 栗坂良 51.7 37.9 25.1 12.8 強目

1週前、最終と坂路で好時計を出しており、

調子はさらに上昇か。

とくに1週前は自己ベストをだしており、

あまり凡走するイメージもないですね。

2000という距離は気になるが、

ハンデも手頃だし問題ないと見ています。

ナムラビクター

9/30 栗坂良 54.3 39.4 26.2 13.6 一杯

この舞台は得意としているだけにこの馬も

凡走するイメージはないのですが、

いきなり走らなくなったり、力を抜いたり、

走ったり・・とよくわからない癖馬なので、

正直なところ軸にはしたくないですね。

ルーラーシップみたいに・・、まともに走ったら

強い馬だけにもったいないのですが・・。

アウォーディー

9/30 栗CW良 84.4 68.8 54.0 39.9 12.4 一杯

前走はまさか勝つとは思っていませんでしたが、

ダートの素質開花ですかね。

ダート重賞組にどこまで食い込むことができるか。

メンツも飛び抜けてよいわけではないので、

好走の可能性はあると思っていますが、

この予想オッズはさすがにどうか・・。

調教自体はよくなっていそうなので期待はしたいが。

ランウェイワルツ

9/30 栗坂良 52.4 38.6 25.7 13.4 一杯

1週前、最終ともに全体時計はよいですね。

最終の終いが13.4と少し気になるのと、

ダノンリバティに遅れてしまったのが

注意点かなーと思いますが、この舞台適正を

考えるとこのオッズなら面白い1頭ですね。

ハンデも手頃でよいかと。

キクノソル

9/30 栗坂良 55.6 40.0 25.7 12.6 強目

前走が案外でしたが、最終をみても

よくなっているか?というとちょっと微妙ですね。

叩き3戦目で状態は上向いていると思うし、

G3以上に挑める素質か?というと疑問が残るので、

陣営としてもここで賞金を取りたいのでは。

ただ軸としての信頼度はあまりないか。

ということで上位5頭をみてみましたが、

オッズ等を踏まえて軸馬候補筆頭とするならば

こちらの馬。

D. 人気ブログランキングへ(21位くらいです)

凡走するイメージがほぼ湧かない・・。

このオッズとおりなら、相手をがっつり絞って

馬単や3連単で仕留めたいですね。

<PR>

SKB競馬予想をご覧のみなさん!大場です。

【スプリンターズSは“大チャンス”と思ってください!】

→→→→→→→→→→→→→→→→→→
↑最強スプリンターを決定する熱き一戦↓
←←←←←←←←←←←←←←←←←←

10/4(日)
◆スプリンターズステークス(G1)◆

実力馬2頭は高確率で馬券圏内に入る!

狙うはヒモ荒れ3連単!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スプリンターズSで激走する4頭とは!?

今なら期間限定で、買い目情報、レース考察がご覧になれます。
▽     ▽
詳細はコチラ

昨年は新潟開催でしたが、今年は従来の中山開催で行われるスプリンターズS。

同じG1の1200M競走である、
3月29日(日)高松宮記念(G1)は参考になりそう・・・

と思うかもしれませんが、コースの特徴も開催の季節も異なる為、
実はほとんど参考になりません。


実際、高松宮記念に出走していなかった馬の方が好成績なのです。

その理由は、このコースはスピードだけで押し切るのは困難で、
高松宮記念以上にパワーと底力が求められるという事です。

それでは、今年のスプリンターズステークスの
傾向と特徴を見て勝ち馬を紐解いていきましょう!

◆──────────────◆


■日本馬の6歳以上は不振な傾向にあります。

パワーと瞬発力がいるレースですので、
衰え始める年齢である6歳以上の馬は不振に終わってしまうのでしょう。

ただ、海外馬の年齢別成績を見ると、
3着以内に好走したのはすべて「6歳以上」の馬です。
海外馬を評価する際は、「6歳以上」の馬を重視すべきでしょう。


■1~3番人気の馬が連対を外したデータは、
過去10年のレースの中では、1度もありません。

更に、過去10年で実に7回も6番人気以内の馬が結果を出しています。

人気にはあまり逆らわない方が賢明だと言えます。


■過去10年で連対している馬の95%は重賞で2勝以上している傾向があります。

このデータも見逃し厳禁ですので、
過去データをしっかり見ていきましょう。

■ステップレースももちろん参考になります。
スプリンターズステークスの10年間で馬券圏内に入った30頭中13頭は、
セントウルステークス出馬組が来ています。

◆──────────────◆

これらのデータを見ると一見、
実力馬ばかり来るように思うかもしれませんが・・・


実は1頭だけ、この夏で覚醒を遂げ、
成長が著しいと騒がれている伏兵馬が!!

スプリンターズSを賑わすその馬とは!?


詳しいレース解説と併せてご覧ください。

詳細はコチラ

 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング